読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師転職ごっこ

転職を繰り返した看護師の私が毎日元気になれるよう、仕事、人生にふらふらしたときに気ままに書いています。

ナースを損得で考えてみる

experience

ナースという仕事を損得で考えることには、あまり馴染みのない人が多いと思います。ナースの仕事を考えると「ナース=白衣の天使」というプラスのイメージや、「ナースの仕事は過酷で大変」というマイナスのイメージなど、「なんとなくそういう感じ」という抽象的なイメージが先行しているような気がします。

f:id:una-kowa:20151001035229j:plain

現役のナースからすれば、「生命にかかわる仕事に対して損得を持ち出すなんて不謹慎。私たちは損得で仕事そしているんじゃない」とお叱りを受けそうですが・・・・・。

看護という職業そのものが社会貢献であり、非常に価値のある尊い職業であることは間違いありません。ただ、こういった意見はあまりにも抽象的で、ナースを目指す人や新人ナースに具体的なイメージを持ってもらいにくいと感じる場面がありました。

「ナースは重要な意味のある仕事だから頑張りなさい」と言うだけでは、具体的に自分の生活や将来にどのように影響していくのか分かりにくいですし、感情に響きません。

実際、看護系大学での講義や新人ナース向け研修で、この「損か得か」という項目を出すと最初は「え?」と驚くそうです。しかし、講義後のアンケート結果で最も多い回答は「得か損かという内容がイチバン印象的だった」「こんな風に考えたことがなかったので新鮮だった」「損か得かで考えるとナースの仕事が非常にわかりやすくなった」という内容だったとか。

損得で考えると、他者や異業種との比較が必要となって、ナースだけをとらえて論じることが意味のないもの。「ナースは尊い」という抽象的な概念よりも、職業全体の中での「ナースの仕事」という視点と具体的な事例から論理的に説明することが大切なんだと思いますね。

ライティング&投稿 小西 仁瑞