読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師転職ごっこ

転職を繰り返した看護師の私が毎日元気になれるよう、仕事、人生にふらふらしたときに気ままに書いています。

看護師紹介会社経由の転職活動のカラクリ

f:id:una-kowa:20160406005755j:plain

紹介会社とは、仕事を探している人と、働く人を探している企業(医療機関)をマッチングするサービスを行う民間企業のことです。

 求職側の皆さんは、求人情報の紹介も、キャリア相談も、すべてのサービスを無料で受けることができます。それは、紹介会社が個人に金銭的な負担を求めることを、法律で禁上しているためです。

転職までのステツプ

紹介会社のホームページの登録フォームから、サクサクッと自分の個人情報を入力して送り、後日、オフィスに一度赴いて、希望条件などを伝えれば、あとはマッチングする情報が揃うのを待つのみ。

しかも、医療機関の担当者との面接にも同席してくれて、給与のことや休日のことなど、自分からは聞きにくいことを聞き出してくれたり、交渉してくれたりという特典つきです。

最大のメリットはラクということ

読んでお感じかもしれませんが、紹介会社を使らた転職というのは、とにかくラクなのです。だからこそ、仕事を続けながらも転職活動を始められる。このことが一番のメリットでしょう。仕事を探す側としては、お金がかからない上に、情報収集も、応募の手続きも、待遇の交渉も任せていればOKというわけです。

また、日頃からたくさんの求職者と会って話をしているキャリアコンサルタントに客観的に話を聞いてもらい、その地域の病院のことを教えてもらったり、自分のスキルがどのように評価されるか、アドバイスをもらえるのは貴重な機会です。

もう一つ、メリットとしてよく挙げられるのが「非公開求人」のこと。

紹介会社のホームページを覗くと、インターネット上からも求人情報が検索できるようになっていますが、そこで公開している情報は一部に過ぎず、どこの会社も「非公開」の求人情報をたくさん持っています。

なぜ、非公開にしているのかというと、条件の良い医療機関、企業は、誰でも就職したいものだからです。応募が殺到しそうな求人情報はあえて公開しないというわけです。

登録すると、こうした非公開条件も見ることができる、あるいは紹介してくれるというわけですね。実際、各企業が保有している求人情報の数は、ハローワークや看護協会のナースバンクに比べてかなり豊富。選択肢は多いです。

紹介会社経由の転職活動の流れ

①登録
インターネットから、名前や生年月日、住所、連絡先、保有している資格、希望条件などを登録。電話でも可能。
②コンサルタントと面談
紹介会社のオフィスに行き(電話でOKのところも)、今の仕事状況やこれまでの経歴、スキル、希望する条件などについて伝える。人材紹介のシステムの説明などもされ、すぐにマッチングする情報があれば、その場で求人情報の提供も。
①仕事情報の紹介・応募
面談時にヒアリングした内容をもとに、求人情報を電話やメールで案内。ネット上に掲載されている情報のなかに気になるものがあれば、問い合わせることも可能。
④応募・面接
紹介された情報が気に入れば、紹介会社が面談・見学の日程を調整・設定してくれる。面談時に、コンサルタントが同席してくれることも多い。
⑤内定
面接終了後、お互いに条件が合えば内定。


紹介会社のビジネスモデル

豊富な情報のなかから、求職者にク最適なな職場を、医療業界に詳しいキャリアコンサルタントが紹介してくれる。これが、紹介会社の仕組みです。

でも、本当に″看護師にとって最適なのかということに関しては、ちょっと疑間があります。

このことについて考えるには、まず、紹介会社のビジネスの仕組みについて整理してみる必要があります。

人材紹介業というビジネスは、求人側から支払われる紹介手数料で成り立っています。看護師を採用したい医療機関は、紹介会社に「いい看護師さんを紹介してください」と依頼します。

紹介会社は、登録している看護師のなかから、その医療機関に合いそうな看護師を選び、その人に「こんな医療機関があります」と紹介する。

求職側の看護師がOKであれば、「では、応募の手続きは任せてください」と面接をセツテイングし、医療機関と看護師を引き合わせて、採用が決まったら、医療機関は紹介料として、紹介会社に、その看護師の年間給与の3割前後を支払うという流れです。

求人情報を紹介してもらう側は無料でサービスを受けられるどころか、会社によっては「就職祝い金」「キャリアアップ支援金」といった名目で、○十万円といった金額をプレゼントしているところもありますよね。

こうしたお金は、すべて医療機関が支払う紹介料から出ています。まずは、そのことをぜひ知っておいてほしいのです。

もう一つ、知っておいてほしいことは、紹介会社にとっては、求人側の医療機関と、求職側の看護師という2種類のお客様がいるということ。

しかし、お金を出してくれるのは医療機関です。かつ、「採用が決まったら紹介料が発生する」という成果報酬ですから、紹介会社としては件数を稼ぎたくなるもの。看護師一人ひとりに、本当に最適な職場を紹介するというより、満遍なく就職が決まるように″振り分ける″という部分も出てきてしまうのは仕方のないことかもしれません。

ちょっと説明がわかりにくくなってしまいましたね。では、こんな説明ならわかりやすいでしょうか?

たとえば、男性4人対女性4人で合コンをしたとしましょう。

そのうち1人の男性が圧倒的にイケメンで、年収も高くて、しかも話もおもしろいとなったら、4人の女性は皆、イケメンの彼しか見えなくなってしまいます。

そうすると、その合コンでカツプルが生まれるとしたら、「イケメン君と誰か」という1組のみですよね。しかも、カップルになれなかった他の3人も、同程度のイケメンじやないと納得しなくなるはずです。

それを避けるために、イケメン君はちょっと出番を遅らせて、他の男性陣の中で、少々レベルの下がる「そこそこ」なところを先に紹介して、「うん。まぁ、いいかも」と思わせ、女性とマッチングさせるわけです。

といったイメージです。

そう考えると、「本当に最適な職場か?」という点で、ちょっと疑間がわいてきませんか?

デメリツトは何か

現在提示されている条件が「あなたにとつて最適な職場」なのか疑間があるということを伝えました。紹介会社を活用するメリットがあることは承知の上で、あえて、もう少しデメリットもあるということをお伝えします。

●気軽に登録したら、連絡の嵐!

インターネットで求人を検索していたら―詳細な情報を知るには登録が必要になって、「とりあえず」と登録してみたら、翌日から電話の嵐。メールもバンバンきているし…。

そんなことをしばしば耳にします。仕事を終えて携帯電話を見たら、ずらずらと着信が並んでいたりしたら、やっかいですよね。もし、過剰の連絡攻撃を受けた場合は、「ホームページに掲載されていた○○ の案件が気になったので、この件だけ教えてほしい。他の情報は必要ありません」などとハッキリ意志を伝えること。そのほうが相手も無駄な労力を掛けなくてすみますから。

でも、 一度オフィスに足を運ばなければ情報を提供してもらえないかもしれませんが…。

●紹介してくれない

前述のパターンは登録したとたんに過剰な連絡がくるというケースでしたが、それとは逆に、登録して希望条件を伝えたにもかかわらず、全然紹介してもらえないということもあるようです。

抱えている案件が少ない紹介会社の場合、なかなか条件に見合う職場を探し出すことができないというのが原因です。新規参入会社で、紹介で
きる案件をあまり抱えていないところに多いようです。

●担当者の良し悪しを見極めるべき

これは、紹介会社の商売が成果報酬であるという仕組みにも関連する話ですが、会社の考え方、あるいは担当者によっては、希望する条件に合っていなくても、「最終的に採用が成立すればよし」とばかりに、やや強引に話を進めてくることもあるようです。

担当者自身が「1人成約させていくら」という成果報酬型の給与体系もしくは成約ボーナスがある場合も多く、「その人に合う病院を探す」ことよりも、「成約件数を増やす」ことに意識がいきがちになってしまうのです。

確かに、高望みしすぎていては、転職は難しくなるかもしれません。でも、転職したいと思ったからには、何らかの理由があるわけですから、そのニーズが満たされなければ転職する意味はありません。

●最初の2.3件″で決定は、もってのほか

あなたが紹介会社の担当者だったら、どんな看護師さんが楽ですか? 「費用対効果」は「『採用が決まるまでに要した時間』対『成約料』」で決まります。ということは、最初に提案した病院で決まってくれる看護師さんが一番いいにきまってますよね。

成約料は1件目の案件で決まった人も100件日で決まった人も一緒です。

さらに、困っている病院ほど高い成約料を出してくれます(紹介料として医療機関が支払う金額は、病院によって異なるのです)ので、担当者(紹介会社)としては、まず最初に成約料の高い案件から成約させたいと思うはずです。

はじめの2.3件に出てくる、魅力が賃金のみの病院、担当者が熱心に勧めてくる病院ほど「より困っている病院かもしれない」「より高い成約料を出している病院なのかも」と疑ってかかるべきだと思います。

まとめ

総括しますと、紹介会社を活用して転職活動を行うことは確かにラクですが、相手任せにしすぎてはいけないということです。気づいたら、ちょっと″難あり″な職場を紹介されているかもしれません。

というのも、紹介会社に依頼している医療機関のなかには、離職率の高い職場だってあるはずですから(しかし、紹介会社にとっては離職率の高い医療機関ほど大事なクライアントなのです)。

だからこそ、紹介会社を活用するときには、あくまでも「選ぶのは自分、判断するのも自分」、と思って、賢く活用しましょう。

決して、紹介会社任せ、担当者任せにしないことが大切です。