読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師転職ごっこ

転職を繰り返した看護師の私が毎日元気になれるよう、仕事、人生にふらふらしたときに気ままに書いています。

看護師逆セクハラは日常茶飯事

experience

最近は、どこの病院でもちらほらと男性の看護師、いわゆる「ナースマン」を見かけることが多くなりました。

 一昔前に比べれば定着してきたような気はしますが、でもまだまだ数は少ないのが現状。看護師に関して言えば、相変わらずの女社会ですが、これは男性看護師ならでは、という点はいくつかあります。

 

f:id:una-kowa:20150719022925j:plain

頼れるが圧倒的に少ない男性ナース

まず、男性の患者さんは担当に男性がいると喜ぶことが多いですね。やはりケアをしてもらう中で、女性にはちよっと頼みづらかったり、話しづらかったりすることを感じる人も多いんでしょう。

小児科に入院している子供たちも、男性看護師になつくパターンが多いです。お父さんみたい、なんでしょうが、逆に女性患者からは「男性はちよっと」と断られたりすることもあるみたいです。

そんな光景を見ると可哀そうになるときもあります。

腕力に関しては圧倒的に男性優位です

特に大柄な患者さんの身体を動かすときや、暴れてしまった患者さんを取り押さえるときには、その活躍ぶりは女性の比ではありません。

男性看護師が病棟にいたときは、ああ本当に良かったと思ったものです。ですから男性看護師は、精神科や救急、ICU(集中治療室)なんかに優先的に配属されることが多いんですね。

これまで私も何人かの男性看護師と一緒に仕事をしてきましたが、彼らには3つの共通点があるように思います。


1.気だてが優しい

女性社会の中でもすんなりと違和感なくとけ込める、優しい雰囲気の男性が多いみたいです。病棟に新人看護師がいたとして、男性看護師はいても一人、二人というところがほとんど。病院に一人もいないというところもまだ多いでしよう。

そんな中で、男性っぽい。オレオレ。な感じの人がいたら確かにやりづらいはず。というか、男性看護師はものすごく好かれるか、徹底的に目をつけられる。どっちかになることが多いです。

こんなことを言うと。女性って怖いなと思う男性もいらっしゃるでしょうが、でも悲しいかなそれが現実なんです。そんなわけで、こういった女性ばかりの環境でも耐えられる温厚な人なのかもしれません。


2.男性看護師は勉強家

勉強家そして彼らは、ほとんどの人が研修や勉強会、資格取得なんかにも積極的に参加している人が多かったですね。やっぱり、どこか結婚を逃げ道にできる女と違って、看護師を一生の仕事にするという決意の表れなんでしよう。この点に関しては、頭が下がります。


3.結婚が早い

f:id:una-kowa:20150719022006j:plain

これはあくまでも私が知っている範囲ですが、大体、30代前半で結婚することが多いです。先輩ナースと。ちなみに私が知っている男性看護師は4人いましたが、4人が4人とも20代後半~30代の先輩ナースと結婚しました。

先ほど徹底的に目をつけられる、と言いましたが、これもある意味「目をつけられた」結果といえるでしよう。サバサバして気が強い人が多いべテランナースに対して、気立ての優しい男性看護師。

逆セクハラの結果、強引に押し切られて結婚したのでは?とも思いましたが、さすがに3人目、4人目の話を聞いたときは、「またかきたか!」と同僚たちと頭を抱えたものでした。

 

まとめ

そんなわけで、男性看護師って実は辞めていく率も高かったりします。だから病院側としては辞めさせないように、男性看護師がもともといる科に積極的に男性を配属しているみたいです。でもそうすると、「男手が欲しい」と思っている科に全然回ってこないんですよね。

何だか看護師を目指す男性のみなさんを脅すような内容になってしまいました。でも、男性看護師のニーズが現場で高まっているのも事実です。だからその道を目指している人は、めげずに頑張って欲しいと思います。