読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師転職ごっこ

転職を繰り返した看護師の私が毎日元気になれるよう、仕事、人生にふらふらしたときに気ままに書いています。

ナースの収入は安定している?子育て環境も充実?

experience

ナースのお給料はとても安定しているんです。
2011年の民間企業の倒産件数は、12,707件(東京商工リサーチ)と比べると、医療機関の倒産は32件、老人福祉事業者が14件(帝国バンク)という結果。また、医療機関の倒産は、各地域における病床数の確保から考えても他の施設に事業継承されることも多く、経営者が変わっても、勤務している職員は引き続き同じ施設で勤務できることが多いのです。

f:id:una-kowa:20151003033841j:plain

 

これはナースの場合、経営悪化によって勤務する場所を失う危険がほとんどないって言うことなんです。

また、ナースを必要としている需要が供給を上回っているので、万が一勤務している病院が倒産しても、ナースはすぐに転職することができるんです。

なので、今年は大丈夫か?来年もお給料がもらえるかな?と心配や不安を抱えて働いているナースはいないのです。

ナースの初任給を他の職種と比較してみると、大学院修士課程卒業事務員、技術者、研究員などより高く、ナースの学歴より高い学歴を持つ人よりもお給料は高く設定されているんですね。

実際には30代を過ぎると、お給料の上昇率は他の職種に比べて緩やかになります。

「賃金の高さが定着率を強める効果を持つのはベテラン層ナースのみである」という言葉があるんですけど

ベテランナースは、ナースの賃金水準が高いということを知る機会もありますし、経験的に体感しています。

一方で、看護師養成機関卒業後、病院に就職したばかりで社会経験の浅い新人ナースや若手ナースは、賃金のこだわりがないというようりも、社会全体におけるナースの賃金の認識が薄いので、ナースがとても良いお給料体系にあるということを知らないようですね。なので、若手ナースの離職率が高い原因のひとつじゃないのかなって思います。

ナースは、お給料水準が極めて高い職業のひとつと言われています。「高収入」と「就業先の安定」ということを若手ナースにもっと認識してもらうと「ナースは金銭的に恵まれていて、安定感もあり、将来設計もしやすい」というメリットを手放すこともないように思うんですね。

最近では、保育園や託児所を併設する病院が増えてきましたし、施設がなくても近隣保育園の入園サポートをしてくれる病院もあって、他の職種と比べても子育てをしながら、ナースを継続しやすくなってきています。

ナースの資格って、やっぱり最強!

ライティング&投稿 小西 仁瑞