読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師転職ごっこ

転職を繰り返した看護師の私が毎日元気になれるよう、仕事、人生にふらふらしたときに気ままに書いています。

ナースのお仕事【病院勤務:病棟編】

病棟勤務のナースは、通常交代勤務になっています。病院には入院している患者さんがいるので、病院は24時間365日お休みはありません。病院によって勤務時間に違いはありますが、2交替制の場合は8時~17時が日勤で、16時30分~翌朝9時までが夜勤。夜勤が終了した日を「明け」と呼んでいて、明けの日の翌日朝まで勤務はありません。

 一方、3交替制の場合は8時~17時が日勤、16時30分~0時が準夜勤、23時30分~翌朝9時が深夜勤。また深夜勤と日勤が続くことはなく、深夜勤が終了した日を「明け」と呼んでいます。

特にこの3交替制勤務は、ナースのシフトが非常に複雑なんです。なので、ナースそれぞれの希望を100%活かしたシフトを組むのはとても難しいと言われています。でも、最近では休みの希望を管理職に事前に提出するとその希望を取り入れたシフトを組んでくれる病院もあるんですね。複雑なシフトを毎月苦心して作成してくれる管理職はとても有難い存在です。

病棟勤務は、予定通りの業務以外にも、患者さんの急変への対応や、ナースコールの対応など突発的に発生する業務があります。また、患者さんとのコミュニケーションは大切な仕事のひとつ。特に入院中は、検査や手術に不安を抱えている患者さんも多数いらっしゃり、そうした患者さんの訴えに耳を傾けることが大切なんです。でも、中には忙しそうにしているナースに声をかけづらく、我慢をしている患者さんもいます。そんな心情を察して、声を掛けると患者さんも安心してくれますね。忙しい中でも、ちゃんと患者さんと向き合うこと、病棟勤務ナースに求められるコミュニケーションです。

また、ナース同士で患者さんのカンファレンスを開催したり、チーム医療の一貫としてそれぞれの患者さんの治療方針の確認や意見交換を行ったりしています。このようなカンファレンスでは、自分の受け持ちの患者さんについての情報をナースとしての視点で収集し発言します。それぞれの患者さんの情報をチーム全体で共有することは患者さんにとって最善の治療方針を決定する助けとなっているんですね。時には、ナースが患者さんの意見を代弁してチーム全体に伝えることもあります。医師の前では言えなかった患者さんの希望をナースが代弁するということも結構あるんです。

患者さんのニーズはそれぞれ違うので、そのニーズに合わせた対応をできる限りすることが、患者さん中心の医療だと思うんですね。

ライティング&投稿 小西 仁瑞